映画大好き
「羊の木」
港町に移住してきた殺人犯

2018年03月01日号

 社会派サスペンス「羊の木」が高い評価を受けてロングラン上映されている。海沿いの地方都市に移住してきた6人の男女。彼らは仮釈放中の殺人犯で、市が保証人となって受け入れを決めたのだった。第18回文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞した山上たつひこ・いがらしみきおによる長編漫画を「紙の月」の吉田大八監督が犯人探しのミステリーとは異なる緊張感に満ちた人間ドラマに仕立て上げている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン