映画大好き
「空海-KU-KAI-
美しき王妃の謎」

2018年03月20日号

バブリーな映像の中国版ファンタジー

 「空海―KU―KAI―美しき王妃の謎」は9世紀の遣唐僧空海が楊貴妃の死の真相を探る歴史ミステリーだ。夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」が原作だが監督は大御所チェン・カイコーで空海(染谷将太)と阿倍仲麻呂(阿部寛)を除くキャストのほぼ全員が中国人。染谷将太は全編中国語のセリフを貫き、撮影もかの国で行われた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン