仕立屋のワードローブ
デニムのスーツ

2018年04月20日号

 岡山はデニム生地の産地です。ジーンズ素材として使われるデニムで、当店ではしばしばスーツをお仕立てしています。地元選出の国会議員の先生方や伊東香織倉敷市長も、岡山らしい服装としてインディゴ(藍色)のデニムスーツをよく着ておられます。私のお勧めは黒やグレーに染めたデニムの三つ揃い=写真=で、これなら会社員の方の仕事着としても十分通用します。服を一見しても素材が分からず、触ってようやくデニムであることに気づいておしゃれ心に感心して下さいます。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン