仕立屋のワードローブ
消えゆく職人さん

2018年06月20日号

 テーラーにとって一番の悩みは本格的な洋服を手縫いできる職人さんが皆お年を召してしまっていることです。半世紀に渡って当店の服を縫い続けてくださっていた職人さんたちは80歳を超えて次々と引退しています。後継となる若い縫い手の方もいるのですが、往年の職人さんの神業のような手腕には及ぶべくもありません。時間をかけて技術を育てる環境が失われているからです。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン