仕立屋のワードローブ
イタリア対イギリス

2019年01月01日号

 昭和の仕立屋が扱う外国製(舶来)生地といえばまずイギリス製、次いでイタリア製でした。今でもそれに違いはないのですが、情勢は当時と比べ大きく変化しています。現在日本のテーラーが店頭に置いているイタリア生地とイギリス生地の取扱量を比べると、野球の試合でいえば8対2くらいでイタリアが圧勝しています。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン