仕立屋のワードローブ
スーパー100’S

2019年02月01日号

 写真は洋服生地の耳の部分で、上の生地にはスーパー100’S、下にはスーパー120’Sの数字が織り込まれています。この数字は生地に使われている羊の毛(ウール)の太さを示す国際基準です。数字が大きいほど細い毛が使われているという意味で、スーパー100は太さ18・5ミクロン、120なら太さ17・5ミクロンの原毛を使っています。さらに細い毛を使ったスーパー130や150の生地もあります。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン