映画大好き
ボヘミアン・ラプソディ
見て損のないロングラン上映

2019年02月10日号

 昨年11月に封切られた「ボヘミアン・ラプソディ」が、異例のロングラン上映されている。今年に入ってゴールデングラブ賞を獲得し、アカデミー賞候補にも選ばれたことで再び観客が増えているのだ。制作費57億円とハリウッド映画としては特別な大作ではないにもかかわらずすでに世界興行収入は900億円に上り、日本だけでも100億円を突破した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン