映画大好き
アリータ バトル・エンジェル

2019年03月10日号

日本のSFマンガをハリウッドが実写化

「アリータ バトル・エンジェル」は1990年代に雑誌「ビジネスジャンプ」に連載された木城ゆきとのマンガ「銃夢(がんむ)」を原作としたハリウッド製娯楽映画だ。「アバター」「タイタニック」というメガヒットを連発したジェームズ・キャメロンが制作し、脚本を書いた。ストーリーや世界観のみならず構図や小道具に至るまで原作をこれほどてらいもなく忠実に実写化した作品は稀で、映画ファン、漫画ファンの双方から好感を持って迎えられている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン