仕立屋のワードローブ
令和を告げる燕尾服
(イブニングコート)

2019年05月20日号

 写真は最上級の礼装とされるイブニングコートで、背中に細長い尻尾が付いていることから日本では燕尾服(えんびふく)と呼ばれています。一見してモーニングコートに似ていますが、腰の前部分が大きくカットされ前釦はかかりません。襟をピカピカ光る絹で作るのは夕方以降に着る礼服の特徴で、明るい昼間に行われる式典ではモーニングが使われます。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン