仕立屋のワードローブ
超軽量素材

2019年06月10日号

 写真は向こうが透けて見えるほど薄い、超軽量素材と呼ばれる生地で仕立てた上着です。超軽量素材は軽い上に通気性が良く、湿度の高い日本の夏にぴったりの服地です。日本のミユキ毛織が盛夏でも着用できる紳士服素材として1980年に開発し、「シャリック」の商品名で販売開始しました。これまでになく薄く、しかもズボンに仕立てても破れないほど丈夫な生地を織るためにずいぶん研究を重ねたそうです。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン