映画大好き
ダイナー

2019年07月20日号

蜷川実花監督の美意識が炸裂

 「ダイナー」は写真家として経歴をスタートさせた蜷川実花監督の、「さくらん」「ヘルタースケルター」に続く映画作品第3弾だ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン