今日の一句
伊予灘の潮目くっきり鳥渡る

2020年10月20日号

景山 薫(岡山県俳人協会副会長)

 伊予灘は三方を山口県、愛媛県と大分県国東半島に囲まれた瀬戸内海西部の海域だ。満ち潮、引き潮の度に水温や塩分濃度の異なる水塊がぶつかり合い、海面に潮目が出現する。潮目を境に色が変わる瀬戸内海を見ていた作者がふと上方に目をやればはるかな高みを渡り鳥が飛んでいた。掲句は、水平方向から垂直方向に大きく動く視点を17音で詠んでいる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン