デンタル・ラボ「レイライン」
代表・歯科技工士永井良卓さん
歯科医と直接打合わせ

2018年09月10日号

ながい よしたか(39)
患者さんの要望を再現
数をこなすよりも、
いい物を作りたい

 歯科技工士とは、歯科医師の指示に基づいて、入れ歯や差し歯、被せ物などを作る国家資格。専門学校などの養成機関を卒業後、試験に合格する必要がある。国内の就業者数は3万5千人前後だが、高齢化が進んでいるという。50歳以上の割合は2004年に27%だったが、16年には48%まで膨らんだ。高齢化時代を迎え、必ず必要な職業ではあるが、後に続く若者が少なくなっているのが実情である。大手ラボ(歯科技工所)から独立した永井さんに聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン