光伸産業㈱
社長 廣田俊之さん(52)
独自の酸洗技術を確立

2019年06月20日号

ひろた としゆき

ステンレス再生始める

独自の酸洗技術を確立
ステンレス再生始める

同社は、工業専用地域の中の「メッキ専用団地」内にあり、日本最大級の13m大型酸洗槽を導入している。大型酸洗槽活かし、大型ステンレス製品を浸漬(しんし)式や噴霧式による酸洗(さんあらい)処理を行っている。ステンレス製品のほかにチタン、ニッケル、アルミニウム、銅など金属製品の化学洗浄・表面処理や、錆が発生した鉄の再生洗浄、配管の耐圧試験、フラッシング洗浄にも取り組む。酸洗を専門にしている工場は全国的にも数少なく、独自のノウハウを確立している。このたび、酸洗の技術を活用して、外食産業の厨房機器、ショップで使われているステンレス製品、一般家庭などを対象に、ステンレス再生(リユース)事業を始めた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン