外国人留学生を支援する会
会長 徳永明彦さん
スピーチCで話する姿に感動

2020年06月10日号

留学生のニーズに応じた支援を
とくなが あきひこ(44)

昨年の「外国人留学生による日本語スピーチコンテスト」受賞者ら

 新型コロナウィルス感染症の影響で、地元の人はもちろん、福山在住の外国人留学生も厳しい生活を強いられ、広く支援が求められている。そのサポート活動を行っているのが「外国人留学生を支援する会」だ。1987年に発足以来、小川久志さん(国際ビジネスコンサルタント、本誌「世界歴史と文化の旅」執筆者)が現在のような組織に育て上げ、4月1日付で新体制になった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン