広島県中小企業家同友会
福山支部長 水ノ上貴史さん
組織の仕組みづくりに注力

2020年12月01日号

日本一の支部を目指して

みずのうえたかし(49)

 広島県中小企業家同友会は「良い会社をつくろう、良い経営者になろう、良い経営環境をつくろう」という3つの目的を掲げ、その実現に向けて、自主・民主・連帯の精神で日々研鑽を重ねている中小企業経営者の団体。現在、県下に2600人の会員を有する。約650人が集う福山支部の支部長に就任した水ノ上さんに意気込みを聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン