日本政策金融公庫倉敷支店
支店長 永田正浩さん

2017年05月01日号

創業者支援を積極化

支援機関との連携強化

㈱日本政策金融公庫倉敷支店〔倉敷市〕

支店長

ながたまさひろ

永田正浩さん(47)

 

 

 

政府系金融機関の日本政策金融公庫倉敷支店は管轄エリアの人口減少などを受け、雇用などが創出できる創業向け融資に注力している。倉敷・総社市の3信用金庫と連携し創業セミナーを開催するなどで、昨年度は創業融資が1・2倍に推移した。国の産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画に則し、管轄する各市町村の創業支援に参画し、倉敷市と早島町、倉敷と児島、玉島の3商工会議所、つくぼ、真備船穂商工会などが連携する「くらしき創業サポートセンター」にも加わる。倉敷と高梁、総社や浅口、新見市、小田郡矢掛町や加賀郡吉備中央町、浅口郡里庄町の5市3郡をエリアにする倉敷支店の永田新支店長に創業者支援策などについて聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録