明和製紙原料㈱
社長 小六信和 さん
捨てればゴミになる紙

2018年02月10日号

リサイクル方法を訴える

古紙リサイクル法
無料で出張し指導

ころく のぶかず(60)

 明和製紙原料㈱の主業務は古紙を集めて製紙会社に卸すことだ。古紙は製紙会社でいったん溶かされ、新しい紙の原料となる。50㎏の古紙があれば樹齢30年の成木を原料にした場合と同じ量の紙を生産でき、古紙の資源化は植林と同じ効果がある。小六信和社長は小学校からロータリークラブまで各種団体の集会に招かれては環境保全に役立つ古紙回収方法を指導していて、そのユーモラスな語り口が行く先々で好評を得ている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン