世界遺産登録推進協議会
理事長 原 憲一 さん
山陽放送で40年にわたり取材

2018年12月10日号

NPO法人ハンセン病療養所

はらけんいち(71)

「負の遺産」を後世に伝える

 ハンセン病患者を収容するために作られた岡山、香川の3国立療養所を世界遺産に登録することを目指すNPO法人ハンセン病療養所世界遺産登録推進協議会が今年1月に発足した。初代理事長には山陽放送で1980年代から40年にわたってハンセン病問題を取材してきた原憲一氏が就任。人権侵害の歴史を負の遺産として後世に伝えるという困難な仕事に取り組んでいる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン