アコーディオニスト
パリ在住「taca」さん
26日に故郷岡山でライブ

2019年07月20日号

クリスティアーノ トゥカスさん(右)と演奏するtacaさん
©Reico.Ariki(有木麗子、福山出身)

師匠トゥカスさんと協演
会場はBRANCH岡山北長瀬
広島や宮島大聖院でも演奏
タカ(42)

映画「Carton Moon」のCDジャケット(2800円、税抜き)

 フランス・パリで活躍している岡山出身のアコーディオニスト「taca(タカ)」こと清水貴博さんの、恒例となっている夏の日本ツアーが始まった。同ツアーは06年から始め、春や秋のツアーを含め約20回に及ぶという。今回は昨秋に続き、tacaさんの師匠であるポルトガル系フランス人の世界的に有名なアコーディオニスト、クリスティアーノ トゥカスさんとの協演で東京、大阪など9カ所で行う。7月26日〔金〕-28日〔日〕には地元岡山や広島、宮島でも演奏。岡山公演を前にしたtacaさんに意気込みを聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン