岡山ロボケアセンター㈱
社長 向谷 隆さん
画期的な健康増進事業を

2019年08月01日号

ロボットスーツ・HAL

クオリティオブライフを実現

企業に向けた導入提案積極化

むかいたにたかし

 脳梗塞や交通事故による脊椎損傷や加齢に伴い、体の一部がうまく動かなくなった人の生活の向上が期待できる画期的な健康増進事業が注目されている。自動車部品メーカーの井原精機㈱(井原市上出部町、上野和彦社長)は、CYBERDYNE㈱(=以下、サイバー社、茨城県つくば市、山海嘉之社長)が全国で展開する世界初のロボットスーツ「HAL」を活用した歩行訓練などを行うスタジオ兼ショールーム「岡山ロボケアセンター」(倉敷市幸町)を5月に中四国で初めてオープンした。同スーツによる訓練で体の不自由な人が歩行可能になった実績が全国で報告されている。岡山センターでもオープン当初からの利用者から良好な経過が報告されており、通所希望者が増えてきているという。同センター向谷社長に今後の展望を聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン