岡山手延素麺
社長 横山明一郎さん
通信販売事業を拡大

2020年04月20日号

新たな時短商材も投入

解凍時間短い冷凍うどん

昨年11月に新社長に就任

よこやま あきいちろう(33)

     手延べうどん、素麺製造販売の岡山手延素麺は通信販売の売上げ拡大を図っていく考えだ。通販とスーパー向けの卸売で事業展開しており、既存の販売比率は通販が4割でスーパー向けが6割を占めている。ネット社会を迎え、通販サイトを拡充するなどで、将来的に通販での売り上げを全体の半分に引き上げる。また乾麺という特性上、茹で時間などがネックとなり倦厭されがちな手延べ麺に、約2分で出来上がる冷凍タイプのうどんを投入した。昨年11月に社長に就いた横山明一郎氏に会社の展開を聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン