髙田織物㈱
社長 髙田尚志さん
畳縁を手芸材として提案

2021年02月01日号

ファン拡大し需要押し上げ

たかたなおし(39)

     畳縁製造販売最大手の髙田織物㈱は、畳縁をハンドメイド素材に提案することでファン層の拡大を図る考えだ。近年の欧米型のライフスタイルの導入で住宅にフローリングや縁の無い畳が導入される傾向の中、色とりどりなさまざまな模様の畳縁をアピールし畳の需要を引き出す。昨年5月に社長に就任し、今年度の児島青年会議所(児島JC)の理事長を務める髙田尚志氏に会社の展開などを聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン