尾道市制120周年の事業
夜間景観をグレードアップ
基本構想をまとめる

2015年05月01日号

尾道市制120周年の目玉事業

〔一社〕尾道観光協会(川﨑育造会長)が「夜間景観基本構想」を策定した。
 2014年度の事業として尾道市が1千万円の予算で同協会に策定業務を委託。その業務を石井幹子デザイン事務所(東京)に992万円で委託していたのがまとまり発表された。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン