4回目を迎えたゆかた祭り
三原の駅前で賑わい創出
市内外から大勢の人出

2015年07月20日号

三原の駅前で賑わい創出

 三原駅前の市民広場(ペアシティ東館跡)で7月11、12の両日「第4回七夕ゆかた祭り」が開かれ、大勢の市民が参加して賑わった=写真。  実行委員会(事務局・三原市本郷町南方3―5、電0848・86・6758)の委員長を務める藤井真夏さんらが「三原の主となるイベントの一つを目指し、街の新たな魅力づくりとして、老若男女が楽しめるイベントを実施することで、中心市街地の活性化につながれば」と願って始めたこの祭りは回を重ねるごとに人出が増えている。 

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン