中国紙工業が三原工場で実証
革新的な農業土壌被覆シート

2015年12月20日号

中国紙工業が三原工場で実証
 中国紙工業㈱(尾道市美ノ郷町本郷新池田455―5、村上新介社長、資本金3千万円、電0848・48・3911)が「農研機構生研センター」(埼玉県)が実施している「攻めの農林水産業に向けた革新的技術緊急展開事業」において「省力的な高品質カンキツ安定生産技術体系と、その実現のための傾斜地園地整備技術の実証事業」に参画。その成果の現地検討会が同社の三原工場(三原西部工業団地惣定地区)であり、関係者はじめ農業資材の流通事業者などが参加した=写真上。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン