御調町地区の空き家バンク制度
尾道市が定住目指して創設
みつぎいこうに運営委託

2016年01月10日号

御調町地区の空き家バンク制度
尾道市(平谷祐宏市長)は「御調地区空き家バンク制度」を創設し、事業の一部を〔一社〕みつぎいこう(御調町市200、梶高慎輔代表理事、電0848・36・5866)へ委託した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン