岡山手延素麺
高付加価値のうどんとそばを発売
弾力性が特長の生うどんなど

2016年03月10日号

冷凍麺で他社と差別化

うどん、そうめん製造販売の岡山手延素麺㈱(浅口郡里庄町新庄平井1887―1、横山順二社長、電0865・64・5678)は手延べうどんの最も弾力がある状態で冷凍した「延ばしたて生うどん」と、国産小麦を石臼でひき、香りが楽しめるよう冷凍した「国産蕎麦粉・石臼挽き生そば」の2商材を発売した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン