最新鋭の「CT320列」導入
興生総合病院で稼働始める

2016年04月10日号

興生総合病院に最新のCT

〔社医〕里仁会興生総合病院(三原市円一町2―5―1、藤原恒太郎院長)がCT(コンピューター断層撮影法)の最新型を導入した=写真。迅速、高精度のデータ検出が可能となる一方で、検査を受ける人の負担も軽減されると評価されている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン