タテイシ広美社
デジタルサイネージ製造に注力
防災・観光・まちおこしに活用

2016年04月20日号

船橋市や高松市、港区へ設置

 LEDを活用した電光掲示板や屋内外看板などを手がける㈱タテイシ広美社(府中市河南町114、立石克昭社長、電0847・43・4886)は昨年より、デジタルサイネージ(電子看板)の製造販売に注力しはじめた。今年3月には、関東・四国の地方自治体に向け、防災・観光・まちおこしへの活用を念頭にした商品を数十基展開し、また三井住友銀行へは三大都市にあるメーン店舗を中心に大型ビジョンを27基設置した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン