脳神経センター大田記念病院
病院、書店、製造業の力結集
レシピ本発刊、だしパック開発

2016年04月20日号

啓文社、カネソ22

 医療・介護事業の社会医療法人祥和会(大田泰正理事長)が運営する基幹施設、脳神経センター大田記念病院(福山市沖野上町3|6|28、栗山勝院長、電084・931・8650)と、書店・ビデオレンタル事業の㈱啓文社(尾道市東尾道10|26、手塚淳三社長、電0848・20・3434)、だし・スープなど食品製造の㈱カネソ22(福山市御船町2|2|26、豊田稔人社長、電084・923・0859)は4月15日、各社のノウハウと技術を生かしたレシピ本「大田記念病院が心をこめて贈る91のレシピ」(啓文社刊)=写真上=を出版し、「大田記念病院が考えただしパック」(発売カネソ22)=同下=を発売した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン