橋本寬治さん
茶の湯の造形展で5回目入選
「開窯20年」の陶展

2016年05月01日号

寬窯、自宅・ギャラリーで開催
 備前焼作家の橋本寬治さん(自宅・ギャラリー=福山市三吉町1―2―21、電084・924・5465)は、このほど開かれた第33回「田部(たなべ)美術館大賞『茶の湯の造形展』に和食器の「向付(むこうづけ)」を出品し、5回目の入選を果たした。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン