ココマツハマ
母の日のプレゼントとして提案
備後圏で唯一“印傳”を販売

2016年05月01日号

プリザーブドフラワーも扱う

 婦人服と紳士オーダースーツとネクタイ・スカーフなどを扱う㈱ココマツハマ(福山市昭和町5-15、宝諸勇太社長、電084・925・2867)はこのほど、400年以上の伝統を誇る和の工芸品“印傳”の販売を始めた=写真。備後圏では唯一だという。また、プリザーブドフラワーの教室を開講し、作品の販売も手掛けている。宝諸社長(59)は、両商品とも母の日のプレゼントに最適―と勧めている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン