鞆の浦観光鯛網
FRPの網船を建造
稲葉造船所で進水式

2016年05月10日号

 福山市鞆の浦の「観光鯛網」(5月1日-22日)で使われる船2隻が新しく建造された。同市鞆町後地の稲葉造船所で進水式があった。
 これまで使われていた船は1988年の建造。鋼鉄製で、さびに弱かった。このたび建造した船はFRP(繊維強化プラスチック)製で、全長16・7m、幅3・2m。全長と幅が1mほど増え安定性が増した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン