尾道熱帯植物研究センター
青パパイヤで新スィーツを開発
パパ実マフィンを道の駅で販売

2016年05月20日号

路地1haハウス8棟で10t育成

 ㈱みつぎ交流館(尾道市御調町大田33、後藤公作社長、電0848・76・3115)が運営する道の駅クロスロードみつぎ(上原啓明駅長、電同76・3115)でこのほど、関連会社の㈱尾道熱帯植物研究センター(同町丸門田493、電同77・0021)が育成する野菜パパイヤ「尾道パパイヤ」を使ったケーキ「パパ実マフィン」(税込180円)=写真=を売り出した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン