福山大学
広島銀行と連携協定を締結
県東部の大学では初めて

2016年06月01日号

情報共有化で地方創生の一助に

 広島銀行(広島市、池田晃治頭取)は5月19日、福山大学(福山市学園町1番地三蔵、松田文子学長、電084・936・2111)において同大学と連携協定を締結した=写真左は池田頭取、右は松田学長。地方創生の積極的な推進を図ることを目的としており、広島県内の大学では9校目で、県東部では初。また同大が金融機関と協定締結するのは初めてとなる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン