丸加海陸運輸
福山港での湾港荷役に期待
グローバル化でニーズ

2016年06月10日号

「福山港の整備にも期待寄せる」

喜多村社長

運送業地場大手の丸加海陸運輸㈱(福山市箕沖町22―1、喜多村久至社長、電084・954・1234)は国内の少子高齢化やグローバル化を受け、福山港での港湾荷役の受注に期待する考えだ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン