キタガワ
中型クレーンの新型開発を発表
業界初のGPS機能設置

2016年06月10日号

新機構Fブロック採用で効率化

 ㈱北川鉄工所(府中市元町77-1、北川祐治社長、電0847・45・4560)はこのほど、中型クラスのクライミングクレーンの新型「JCL105SK」を売り出した。主にマンションやホテル建設、橋梁土木工事などでの活用が見込まれており、すでに全国のレンタル会社などから5台の受注があるという。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン