鍾永フーズ
個室形式で肉と辛い料理を
“肉ブーム”受け、需要期待

2016年06月20日号

漢都と南大門、鍾路で

suronanndaikannto福山市内に焼肉店「漢都」と「南大門」、ソウルダイニング鍾路を経営する鍾永フーズ㈱=しょうえいふーず=(福山市曙町5―26―13、安田雅恵社長、電084・953・2877)はスタミナが減退するとされる夏時季を迎え、焼き肉料理や辛い鍋料理のコースの需要を開拓する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン