ヤマト食品
「もみじどら焼き」を発売
福山駅の土産売り場などで

2016年07月10日号

 広島の新たな土産物に!
 製餡(あん)、ミックス粉製造のヤマト食品㈱(福山市東深津町5―3―32、原田淳一社長、電084・922・5959)は、広島県内の素材にこだわった土産商品として「もみじどら焼き」=写真=を開発し、JR福山駅内の土産物売り場などで発売した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン