最上手延素麺
コラボ商材を積極化
浅口ブランドに2商材

2017年02月20日号

 

手延べ麺製造の最上手延素麺(最上誠社長)は煎餅製造の備中堂(浅口市)とコラボし、手延べ素麺のばちの入った煎餅を開発、発売した。同社は昨秋、丸本酒造㈱(浅口市)とコラボした「酒米手延べ麺」を開発するなど、協業を推進している。最上社長(44)は「祝い向けの紅白の手延べ麺にも浅口市産の素材を練り込むなど、協業を活発化させたい」と意欲を見せる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録