福山大学・小林正明講師
町工場で作れる超小型モビリティ
試作機1号機試験走行に成功

2017年02月20日号

福山大学(福山市学園町1番地三蔵、松田文子学長、電084・936・2111)工学部機械システム工学科小林研究室(小林正明講師)の4年生ふたり(山川奨太・下村拓矢)=写真=が卒業研究として取り組んできた超小型モビリティ「ママモビ」のシャシが完成。実際に実習場前を走行し、斜度約30度の坂道を上った。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン