石井事務機センター
在宅ワーカーの利用促進
働き方改革が追い風に

2017年05月20日号

 

事務機器販売などの石井事務機センター(石井聖博社長)は労働力不足の中、ホームワーカーの推進を進める。自社の持つITシステムを組み合わせ社員7人が在宅ワークを利用。同社では女性の社会進出などを背景に、中小企業向けに自社のノウハウを提供する事業をスタートさせ、岡山市内の10社で導入が始まった。石井社長(37)は「事務機器販売が主力だが、働き方の多様化を受け、ホームワーカーの活用事業を全国展開したい」と意欲を語った。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録