小倉産業
さんすて福山に出店
地元メーカーとのコラボも

2017年08月10日号

 

観光土産品卸売り業などの小倉産業㈱(冨山明寿社長)はJR福山駅の商業施設「さんすて福山」に土産物店「bisen(びぜん)」=写真=を出店した。瀬戸田のレモンを使ったPB商材のほか、大手製菓メーカーのご当地商材などを販売する。同社は12年に広島地区の土産物卸売り業の会社を立ち上げるなど、営業エリアを拡大しており、新店舗でエリア基盤を拡充する。冨山社長(44)は「福山の店でも地元の製菓会社とコラボ商材開発を積極化したい」と意欲を見せる。 

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録