広島県民文化センターふくやま
ホールで練習費用が80%引き
新制度を発足

2017年08月01日号

映画上映や楽器演奏の指導も
 スガナミ楽器㈱、㈱ベッセルテクノサービス、㈱エーシー、㈱陸地コンサルタントの共同企業体が昨年4月から指定管理者として運営している広島県民文化センターふくやま(福山市東桜町1-21・エストパルク内、丸田清文館長、電084・921・9200)は、新事業としてホール(530人収容)の利用率向上などを目標にした制度をこのほど発足させた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン