朝日ボイラーシステム
売れない物件に収益性を
変形地に太陽光発電S

2017年08月10日号

団塊世代の相続案件で

太陽光発電やオール電化、住宅リフォームなどを展開する㈱朝日ボイラーシステム(福山市千田町1898―2、下宮鉄大社長、電084・959・2790)は団塊世代の高齢化を受け、休耕田など遊休不動産の活用の提案を積極化する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン