三原駅前の空き地活用へ
市が事業提案の公募始める

2017年08月10日号

 三原市(天満祥典市長)が7月31日付で「三原市駅前東館跡地活用事業」に進出を希望する民間事業者の募集要項を発表した。
天満屋などが入居していた「ペアシティ東館」の解体跡(5970㎡)を市民広場として暫定利用している用地の本格活用へ向けての事業で、民間が主導して開発を担い市が公共施設部分の引き渡しを受けることにしている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン