高齢者複合施設「桜」
認知症カフェで沖縄の歌披露
入所者とともによさこいを踊る

2017年08月10日号

セラピー犬が入所者の心癒す

 社会医療法人「定和会」神原病院(福山市赤坂町赤坂1313、神原浩理事長、電084・951・1007)は社会福祉法人「啓喜会」(神原浩理事長)の協力を得て7月27日、高齢者複合施設「桜」(同市神村町5234―12)内のレストカフェ・ラ・ファミーユで、認知症の人と介護している家族、地域住民を対象に、講演会やイベントを楽しむ認知症カフェ「桜カフェ」を開いた。また8月1日には、同施設でアニマルセラピーを開いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン