旬家ファーム
安心安全で美味しい食材を提供
無肥料栽培で野菜や米を作る

2017年09月01日号

岡山―福山市で週2回配達も

 動物性肥料や化学肥料、農薬などを使わない“無肥料栽培”の旬家ファーム(岡山県小田郡矢掛町東三成1527-2、田淵博之代表、電090・4897・2746)は毎週日曜日の午前10時―午後3時、矢掛町矢掛の商店街旧矢掛本陣東側の古民家「小西屋商会」で農作物販売所「あおもん」を開き、同農場でとれた新鮮な野菜や稀少米を中心に販売している=写真。ただ昔ながらの伝統的な農業を実践するため、生産数が限られており、面識がない場合は販売を断ることもあるという。だが安心安全な食材を求めて遠方からでも買いつけに来る客が多く、岡山市から福山市にかけての国道2号線沿いに限り、このほど週2便の配達も請け負うようになった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン