中国システム機器
映像システム「シアター祭壇」
高松のセレモニー会館に導入

2017年09月10日号

「追悼ビデオ」なども上映
 中四国のJAに葬儀に関する「メモリアル用品」を納入している情報機器販売の中国システム機器㈱(福山市瀬戸町地頭分2035-12、池原 堅社長、電084・949・1180)が開発した映像システム「シアター祭壇」が、10月にオープンするJA香川県が運営する葬儀専用会館「協同セレモニー会館 高松西」(高松市御厩=みまや=町、電0120・767・940)に導入される。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン